ふっくんのブログ

体育学部×建設現場

失敗できる幸せ

 

 

私の上司はミスをぐちぐち言って怒りません。
起きてしまったミスはしょうがないので、この状況をどうすれば良いかという事を第一に考える人です。

 


そして、私の上司は私に
「怒られるまでやっていいよ。

怒られたら俺が謝ってやるから。」

と言って自由にやらせてくれます。


お言葉に甘えて自由にやらせてもらっているので、怒られてます。


最低2回は盛大に怒られてます。
正確に言うと、怒らせているのかもしれません。

もちろん故意にではありません。笑

 

 


ミスをさせてもらえるのは幸せなことです。

 

 

今の職場で出会った先輩の例を挙げます。

 

 


同じミスを何回もする。
言われたことができない。
予定が確認できていない。
優先順位が分かっておらず重要なものを後回しにしている。

 

このような先輩が2人いました。

 


1人はミスをしても叱ってもらえなくなり、仕事も与えられなくなりました。その後部署異動しました。


もう1人は重大なミスが起きてもケロッとしていて、「緊張感がない」「任せられない」と言われ担当から外れました。

 

 

つまりもうミスをする機会も与えてもらえなくなったわけです。

 


ミスをさせてもらえることは幸せなことです。


ある程度経験を積むとミスが許されなくなります。

 


だからこそ若いうちに、経験が浅いうちにミスをしておいた方が良いのです!!

 

 

ミスをする上で重要なこと。

・同じミスはしない
・他人のミスは自分のミスと思い、他人と同じミスはしない
・全てを自分のせいにしない
・程よく責任転嫁
・必ず改善策を考え実行する

 


ミスしてもしょうがないくらいに思ってた方が気持ちも楽ですよね。

 

ミスをして落ち込んでる時間があったら、ミスをミスで終わらせない方法を考えたり、次にどうすれば良いかを考える方が成長できると思いませんか?


ミスをミスのままで終わらせれば失敗
ミスを改善して終わらせれば成功

 

 


全ては考え方次第!


今日もポジティブにいきましょう!