ふっくんのブログ

体育学部×建設現場

失敗できる幸せ

 

 

私の上司はミスをぐちぐち言って怒りません。
起きてしまったミスはしょうがないので、この状況をどうすれば良いかという事を第一に考える人です。

 


そして、私の上司は私に
「怒られるまでやっていいよ。

怒られたら俺が謝ってやるから。」

と言って自由にやらせてくれます。


お言葉に甘えて自由にやらせてもらっているので、怒られてます。


最低2回は盛大に怒られてます。
正確に言うと、怒らせているのかもしれません。

もちろん故意にではありません。笑

 

 


ミスをさせてもらえるのは幸せなことです。

 

 

今の職場で出会った先輩の例を挙げます。

 

 


同じミスを何回もする。
言われたことができない。
予定が確認できていない。
優先順位が分かっておらず重要なものを後回しにしている。

 

このような先輩が2人いました。

 


1人はミスをしても叱ってもらえなくなり、仕事も与えられなくなりました。その後部署異動しました。


もう1人は重大なミスが起きてもケロッとしていて、「緊張感がない」「任せられない」と言われ担当から外れました。

 

 

つまりもうミスをする機会も与えてもらえなくなったわけです。

 


ミスをさせてもらえることは幸せなことです。


ある程度経験を積むとミスが許されなくなります。

 


だからこそ若いうちに、経験が浅いうちにミスをしておいた方が良いのです!!

 

 

ミスをする上で重要なこと。

・同じミスはしない
・他人のミスは自分のミスと思い、他人と同じミスはしない
・全てを自分のせいにしない
・程よく責任転嫁
・必ず改善策を考え実行する

 


ミスしてもしょうがないくらいに思ってた方が気持ちも楽ですよね。

 

ミスをして落ち込んでる時間があったら、ミスをミスで終わらせない方法を考えたり、次にどうすれば良いかを考える方が成長できると思いませんか?


ミスをミスのままで終わらせれば失敗
ミスを改善して終わらせれば成功

 

 


全ては考え方次第!


今日もポジティブにいきましょう!

人生を楽しくするたった一つの方法

 

 

社会人7ヶ月目のふっくんです。

 

大学のときには早く社会人になって稼ぎたい!って思ってました。

 

理不尽には屈しない!と意気込んでいました。

 

今思えば高校でも理不尽なことは様々ありましたが、いい経験だったと思います。

 

 

 

社会人になって早速理不尽なことも増えてきました。

 

 


『使えない先輩(たまたま先に入っていた人)のミスを、私が謝りカバーする。』

 

 


ミスをした尻拭いは自分でやってほしいものです。尻拭いもできないから私に回ってきているのですが。

 

 

カバーするにも状況は既に悪いですから、何をするにも所々に謝りながら、これならどうでしょうと改善策を提案するわけです。

 

 

理不尽というか、他人のミスを起因に私が各所から怒られるということです。 

 

原因を追及してとやかく言っても、状況が良くなるわけではないので、とにかく最善は尽くしますが。

 

 

 

さて、そんな日々怒られてる私ですが仕事は楽しいです。もちろん休みの日も楽しいです。残業はバチクソ多いですが楽しいです。

 

 

 

その理由はたった一つ。

 

 


ポジティブシンキング

 

 

 

 

 

 

 


人生を楽しくするために必要なことは、
どんなことでも楽しいと感じること」です。

 

 

 

 

 

何言ってんだこいつは、とか、ばかなのか、とか思わないでください。いたって真面目です。

 

 


私の考え方はこうです。

 

 

・他人のミスのカバーを私がする
→あなたにはできなかったけど俺にはできる!よっしゃ!やってやる!
→よっしゃできた!
→楽しい

 


・ミスをして怒られる
→「これはやってはいけない」ということがわかった。次からはこうしよう。
→成長した!よっしゃ!
→楽しい

 

 

・残業が多い
→いっぱい学んで成長してやるー!!!成長できるし稼げる!!
→楽しい

 


・仕事が多い
→できる仕事が増えた!よっしゃ!成長してる!
→楽しい

 


・休みの日はほとんどクライミングジムか山に行く
→よっしゃ休みだ!登るぞー!
→楽しい

 

 

こんな感じです。

 

 

 

楽しいことをするから人生が楽しくなるわけではありません。
それだと楽しいことをしていない時間は楽しくない、苦痛になってしまいます。


それではつまらなくないですか?

 

 


全てを楽しいと感じることが出来れば、人生を楽しく生きることができます。

 

 


試す価値あり!と思った方は
いいね!
お気に入り
リツイート
コメント
なとなど反応してくれると嬉しいです😇

 

最近気になってること。

 

私は前髪をあげておでこが見えてる髪型で短髪だ。

 

具体的に言うと、左手で右眉の上あたりから左側に掻きあげている。

 

それは高校野球部引退後に髪を伸ばし始めてからずっと同じ。 

 

何度か坊主にしたけど、長くなると掻きげるのでまた左に流れる

 

これが5年間同じ。

 

 

 

 

それがつい最近、
分け目が反対になってしまったのだ!!

 

 

 

左眉の上あたりから右に上がってる!

 

 

 

 

 

4月から新社会人となり工事現場で働いてるのだが、勤務時間の半分以上はヘルメットを被っている。

 

ヘルメットを被る時は髪が潰れるのが嫌なので、前髪はあげておでこから被る。

 

そんなことを言っても髪は潰れるので、全体的には潰れていて前髪だけ極端に上がった髪型となる。

 

 

 

以前は、ヘルメットを外した後も左側に掻き上げた状態だった。

 

それが最近は分け目が反対になって潰れるのだ。

 

髪を洗っても直らない。

 

 

 

 


とても気になる!!!!

 

 

 


ブログを久しぶりに更新しちゃうぐらい気になる!!!!

 

 

恐らく毎日会っている同僚も気づかないだろう。

 

 


山田孝之並みにヒゲを伸ばしたのと比べれば圧倒的に見た目に変化がない。

 

 

 

だか!とても気になる!!

 

 


たんに髪型を変えることの100倍は気になる。

 

 

5年間同じ分け目だったからかな。

 

 


このブログを見てなくて、この変化に気づいてくれた人好きになるわ。

 

 

 

 

 

ごめん、うそ。

 

 

 

 

と、書いていたらあんまり気にならなくなってきたので終わり。

部屋が広く感じるためにしたたった2つのこと。

 

ご無沙汰です。ふっくんです。

 

 

4月になり新生活のスタートという方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

かくいう私も神奈川から埼玉に引っ越してきました。

明日は入社式です。

 

 

神奈川では6畳+ロフトの部屋に住んでいました。

 

埼玉では6畳ワンルームです。

 


引っ越し前は6畳+ロフトでも狭く感じていたので焦りましたね。

 

 


しかし蓋を開けてみると

 

6畳ワンルームの部屋の方が広く感じる!!

 

 

 

部屋が広く感じるためにしたことは

 

 


1つ目に物を減らした

 


全捨て前提でどんどん捨てました。
いつか使えるかもというものは結局使わないので捨てましょう。または売りましょう。

 

 


2つ目に背の高い家具等を無くした

 


6畳+ロフトの部屋では

・2mほどの懸垂器具
・150cmほどの棚
・ロフトに上がるハシゴ
がありました。

 

 

それを今の6畳ワンルームでは

・150cmほどの姿見
・30cmほどの棚
・テレビ台
・机
にしました。

 

 


圧迫感が無くとてもスッキリします。

 


神奈川には4年間住みましたが、4年で1回しか使わなかったような物もありました。


意外と使わない物を持っていたりするのもです。

 

 

本当に必要なものは少ないのです。

 


背の高い家具を減らす、オススメです!

復興屋台村気仙沼横丁

3/20東北旅行1日目!

卒業旅行?で東北に来ました。
横浜駅を10:00に出発して気仙沼に18:30に着きました。
4人でハイエースを交代で運転して来ました。😂


まず1つ目の目的は
「復興屋台村気仙沼横丁」です!

f:id:fukuda1071:20170321014226j:image

 

これを見つけたのはクラウドファウンディングcampfireです。

 

クラウドファンディング - CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

復興屋台村 “気仙沼横丁” を存続させたい。「絆」をつなぐプロジェクト - CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

東日本大震災から気仙沼の復興を目指して | 復興 屋台村 気仙沼横丁

facebookセキュリティチェック


復興屋台村気仙沼横丁は3/20をもって閉店します。

しかし、気仙沼横丁のお店の7割がまだ移転先や次が決まっていないのが現状です。 

 

クラウドファウンディングを行う目的は
屋台村気仙沼横丁の名前を残すことです。


昨日はその営業最終日でした。
知らずに来たらたまたま最終日でした。
ギリギリセーフでした。


昼間から閉村式があったようです。
地元の人がたくさんいて貸切の店があちこち
売り切れ完売の店がちらほら
結局行けたのは2軒でした。

 

f:id:fukuda1071:20170321013710j:image

 

f:id:fukuda1071:20170321013745j:image

 

f:id:fukuda1071:20170321013751j:image

 

f:id:fukuda1071:20170321013816j:image

 

f:id:fukuda1071:20170321014114j:image

 

f:id:fukuda1071:20170321013826j:image

 

 f:id:fukuda1071:20170321013926j:image

  

 f:id:fukuda1071:20170321013944j:image

 

f:id:fukuda1071:20170321014017j:image

 

 


たまたまイベントで来ていたホームレス小谷さんとDJダイノジさんと写真撮ってもらいました!😁

 

f:id:fukuda1071:20170321013853j:image

 

 f:id:fukuda1071:20170321013856j:image

 

気仙沼横丁の近くを少し歩きました。
道路はきれいでした。
ここに津波が来たのかなと考えると想像がつきません。

 

 

あのホテルの上の方までいったのかなー?
この建物の屋上なら大丈夫じゃないかな?
逃げられそうだけどなー。

と思ってしまいました。

 

 

恐らく地震があったその時、ここにいた人たちも同じようなことを思ったのかもしれません。

 

このくらいなら大丈夫

自分は大丈夫

 

私もここにいたら流されていたかもしれませんでした。

 

 

 

今日も気仙沼港に行こうと思っています。
たくさん食べて経済を活性化させてきます!

 

沢登り行きました!

私ふっくんは、大学で山岳部に入っています。

 

現在部員は後輩が2人いるのみです。

 

山岳部は毎年何人か入ろうと来るのですが

すぐに辞めてしまいます。

 

多くの人が山岳部は 3K だと思っています。

「きたない・きつい・くさい」

 

残念ながらあながち間違っていません。_| ̄|○

 

ですが、私は別の 3K もあると思っています。

「キレイ・きもちいい・快適」

 

プラスの3Kを是非多くの人に味わってもらいたいですね!

 

 

ということで、今日は神奈川県の西丹沢マスキ嵐沢に行ってきました。

 

f:id:fukuda1071:20170320001546j:image

水がとてもキレイでした。

 

f:id:fukuda1071:20170320000929j:image

駐車場から入渓まで20〜30分ほど登山道を歩きます。

 

f:id:fukuda1071:20170320001702j:image

沢が始まっても途中まではランニングシューズで濡れないように進みます。寒いので。笑

 

f:id:fukuda1071:20170320001724j:image

実際沢で履く沢シューズは40〜50分程しか履きませんでした。

f:id:fukuda1071:20170320001742j:image

f:id:fukuda1071:20170320001706j:image

10mほどあるこの滝(源流に近いので水は流れていない)

はランニングシューズで登りました。

 

 

f:id:fukuda1071:20170320001748j:image

f:id:fukuda1071:20170320001808j:image

滝があるところは狭く閉塞感があり

それを抜けた先あるガレ場は広く解放感があります。

 

9:00 駐車場発

9:20頃 入渓(ランニングシューズのまま進む)

10:00頃 沢シューズに履き替える

11:00頃 ランニングシューズに履き替える

12:00頃 遡行終了 尾根から下山

14:30頃 駐車場着

 

 

f:id:fukuda1071:20170320001825j:image

沢は地図の他に「遡行図」を見ながら進みます。

遡行図は人が登った体感で滝の高さや距離が記されているので

実際に登ってみると合わないことがあったり

記されていない滝があったりして

現在地を正確に把握することが難しいです。

 

 

私は登山のジャンルの中で「沢登り」が一番好きです。

 

「歩く」はやっぱり疲れるんですよね。_| ̄|○

沢登り」にはクライミングと歩き両方があるのがいいですね。

滝を登るとまた次の滝があり、また次.....

といろいろな課題を突破していくところが好きです。

 

 


全くの未経験の方は、経験者と一緒に行くかガイドを頼むことをお勧めします。

 

 

 

恐らく、学生で行ける最後の登山になります。

社会人になってからもクライミング沢登りは続けていきたいと思っています。

この2人には頑張ってもらいたいです!

f:id:fukuda1071:20170320004250j:image

 

人生の分岐点?

こんばんは。

ふっくんです。

 

 

 

今日は私の就職活動について話したいと思います。

 

 


今月3月1日から大学3年生の就職活動が本格的に指導しましたね。

 

 

 

私は体育学科で、周囲の人たちの進路は大きく5種類に分けられます。

 

 

1つ目に教員採用試験を受ける。

 

2つ目に一般的な民間企業を受ける。

 

3つ目に公務員(教員以外)を受ける。

 

4つ目に大学院や専門学校などに進学する。

 

5つ目にプロスポーツ選手になる。

 

 

まず1つ目の、教員採用試験を受けた人は結構いました。


その中で現役合格をしたのは、4.5人だったと思います。

 

それ以外の人は、臨時的任用職員や非常勤講師として採用されるために、自治体に登録します。


非常勤講師は大体はなれるそうですが、決まるのは3月になってからのようです。
まだ決まっていない友人も数名います。

 


2つ目の一般的な民間企業を受けた人は、教員採用試験を受けた人よりも少なかったように思います。


この人たちは大体4.5月〜9.10月あたりには、多くの人が就職活動を終えていたと思います。

 

 

3つ目の公務員(教員以外)は、市役所、消防、警察が主です。

 

公務員を受けた人たちは数ヶ月〜1年前、2年前から勉強をしていました。

 

 

4つ目の大学院や専門学校に人は数少ないと思います。


私は卒業論文でかなり追い込まれたので、また同じことをするのか、と思うと絶対大学院は行きたくありませんね。追求したいテーマがありませんから。


専門学校は鍼灸師柔道整復師、トレーナー等スポーツや運動に関わる専門職を目指す人がいます。

 

 

5つ目のプロスポーツ選手は、野球、バスケットボール、ソフトボールあたりです。企業で柔道や陸上を続ける人もいます。これはこの体育学部だからあるものかもしれません。

 

 

もちろんこの5つ以外の進路の人もいたでしょうが、大まかに分けるとこんな感じだと思います。

 

 

さて私の就職活動の話をしましょう。

 


話は5.6年前に遡ります。大学の学部学科選ぶ時期です。

 


なぜ体育学科に入ったのか です。

 


高校までずっと野球をやってきて、他に好きなことや興味のあること が全くありませんでした。


もちろん将来の夢も持っていませんでした。

 

そんな中で進路を決めなければいけなくなり、体を動かすのが好きだから体育学部に入って教員にでもなろうかな、中学の担任も保健体育だったし、高校の野球部の監督も保健体育だったし、保健体育の授業を受けてた先生はいろんな種目がこなせて凄かったしあんな風になりたい、、というわけです。

 

 


高校生の自分は高校生なりに目標を持ちました。

 

 


大学1年10月。
伊豆大島に台風が上陸し、土砂災害など多くの被害を受けました。


その時周囲の大学生の反応は、大学が休校になって良かった、です。

 

私はそんなことより、とんでもない被害が出てるぞと思いました。

 


そしてその時の消防隊員がとてつもなくかっこよく見えました。

 


この時を境に目標は、消防隊員になることに変わりました。

 

 

大学2年の後半頃から公務員試験の勉強を開始しました。

 


大学4年では消防5自治体、警察1県を受けました。


筆記試験は、消防1自治体以外は全て通過
面接試験で全て不採用でした。

 

大学4年は公務員を受けてる間に教育実習がありました。教育実習期間中にあった自治体は受けませんでした。

 

全て不採用がわかったのは12月上旬でした。
それから1月中旬までは卒業論文に追われ、就職活動はしませんでした。

 
1月3週目から本格的に民間企業を見始めました。
3週目は説明会、1次面接を同日に行う所もありました。
4週目は1次面接、2次面接となりました。

 


3週目の金曜日に、企業と就活生のマッチングイベントに行きました。SNSの広告で知り、企業名は行ってみないとわからない状態でした。


まず企業が10社ほどいて、各企業3分くらいの企業PRをし、学生が企業に自己PR30秒をします。


その後、各机に学生が2〜4名の学生が座っていて、そこに企業が順番に回ってきて15分くらい話をします。


そして、学生は選考に進みたい企業を3社選び、企業も数人選びます。

 

企業と学生の選択がマッチした場合に、面談を受けることができます。

 

私は3社とも面談することができ、後日2社と面接を受けました。

 

そのうちの1社に最終的に決めました。

 

面接は17〜21時で、そのうちの3時間くらいやっていたと思います。役員面接1回で、その場で決まりました。

 

消防に落ちて目標を見失っていた私は、

とにかく成長したい。

自分の力で稼げる人間になりたい。

と思っていました。その気持ちを自分の言葉で伝えました。

民間企業面接のための練習はしませんでした。

 

 

 

この選択が正解かは分かりません。これから正解にしていきます。それが楽しみでなりません。

 

 

 

目標や夢があって、そこに向かって頑張る。
これこそがあるべき姿だと思っていました。イチローのような一貫して一つのことを極めるのに憧れていました。


しかし、自分はそんな心持ちではありませんでした。


教員になりたかったり、消防になりたかったり、山関係の仕事を探してみたり、と色んなところに目移りしてしまう。あれもいいな、これもいいなと思ってしまうんです。

 

 

正直こんな自分を認めたくなかった時がありました。でも、やっと分かりました。

 

 

 

今この時を全力で生きればいい と。

 

 


そうすれば、やりたいことが見つかった時にも本気になれる準備は出来ていると思うんです。

 

 

 

私がこれから就職活動をする人へ言いたいことは、


やりたいことがある人はそれを全力で頑張ってください。目標に向かって頑張ってください。

 

 

何もやりたいことがない人は、色んな選択肢があることを考えてください。


就職するだけが選択肢ではありません。フリーランスや起業という選択肢もあります。


自分はこんなことやったことないから、この仕事はできないだろうとか、この分野は興味ないからいいやではなく、一度視野を広げてみてください。

 

知らなかったことを知ったとき、面白そう!と思えるものに出会えるかもしれません。

 

 

 

私は体育を専攻していましたが、建設業、建設現場で働きます。もちろん何の知識も経験もありません。

 

今はとりあえず面白そうだからやってみようと思っています。のめり込めたらどんどん成長していけると思います。

 

最初からこの仕事を定年までやろうなんて思っていません。また他の稼ぎ方を身につけたいとも思っています。

 

 

そんな選択もあります。

 

人生の分岐点は就職というタイミングかもしれません。

ですが、人生は選択の連続です。分岐点は至る所にあるのです。

今日何をするか、誰と会うか、どんな話をするか。

 

 

 あまり気負い過ぎないでいいんじゃないですか?

 

 

 

 

2週間程度の民間企業の就職活動でしたが、感想としては、楽しかったです。

 

色んな企業でそれぞれの特徴があり、人事の人もそれぞれで、色んな価値観や観点を持った人との交流はとても刺激になりました。

 

 

これから社会人となり、色んな人で会うことが楽しみでなりません。自分を成長させてくれる人に出会いたいですね。

 

 

 最後に

 

できない理由より出来る理由を探しましょう

 

 

過去の記事はこちら。


新参者! - ふっくんのブログ
2月4日ホリエモン祭六本木 - ふっくんのブログ

 

(約3000字)