ふっくんのブログ

体育学部×建設現場

部屋が広く感じるためにしたたった2つのこと。

 

ご無沙汰です。ふっくんです。

 

 

4月になり新生活のスタートという方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

かくいう私も神奈川から埼玉に引っ越してきました。

明日は入社式です。

 

 

神奈川では6畳+ロフトの部屋に住んでいました。

 

埼玉では6畳ワンルームです。

 


引っ越し前は6畳+ロフトでも狭く感じていたので焦りましたね。

 

 


しかし蓋を開けてみると

 

6畳ワンルームの部屋の方が広く感じる!!

 

 

 

部屋が広く感じるためにしたことは

 

 


1つ目に物を減らした

 


全捨て前提でどんどん捨てました。
いつか使えるかもというものは結局使わないので捨てましょう。または売りましょう。

 

 


2つ目に背の高い家具等を無くした

 


6畳+ロフトの部屋では

・2mほどの懸垂器具
・150cmほどの棚
・ロフトに上がるハシゴ
がありました。

 

 

それを今の6畳ワンルームでは

・150cmほどの姿見
・30cmほどの棚
・テレビ台
・机
にしました。

 

 


圧迫感が無くとてもスッキリします。

 


神奈川には4年間住みましたが、4年で1回しか使わなかったような物もありました。


意外と使わない物を持っていたりするのもです。

 

 

本当に必要なものは少ないのです。

 


背の高い家具を減らす、オススメです!

復興屋台村気仙沼横丁

3/20東北旅行1日目!

卒業旅行?で東北に来ました。
横浜駅を10:00に出発して気仙沼に18:30に着きました。
4人でハイエースを交代で運転して来ました。😂


まず1つ目の目的は
「復興屋台村気仙沼横丁」です!

f:id:fukuda1071:20170321014226j:image

 

これを見つけたのはクラウドファウンディングcampfireです。

 

クラウドファンディング - CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

復興屋台村 “気仙沼横丁” を存続させたい。「絆」をつなぐプロジェクト - CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

東日本大震災から気仙沼の復興を目指して | 復興 屋台村 気仙沼横丁

facebookセキュリティチェック


復興屋台村気仙沼横丁は3/20をもって閉店します。

しかし、気仙沼横丁のお店の7割がまだ移転先や次が決まっていないのが現状です。 

 

クラウドファウンディングを行う目的は
屋台村気仙沼横丁の名前を残すことです。


昨日はその営業最終日でした。
知らずに来たらたまたま最終日でした。
ギリギリセーフでした。


昼間から閉村式があったようです。
地元の人がたくさんいて貸切の店があちこち
売り切れ完売の店がちらほら
結局行けたのは2軒でした。

 

f:id:fukuda1071:20170321013710j:image

 

f:id:fukuda1071:20170321013745j:image

 

f:id:fukuda1071:20170321013751j:image

 

f:id:fukuda1071:20170321013816j:image

 

f:id:fukuda1071:20170321014114j:image

 

f:id:fukuda1071:20170321013826j:image

 

 f:id:fukuda1071:20170321013926j:image

  

 f:id:fukuda1071:20170321013944j:image

 

f:id:fukuda1071:20170321014017j:image

 

 


たまたまイベントで来ていたホームレス小谷さんとDJダイノジさんと写真撮ってもらいました!😁

 

f:id:fukuda1071:20170321013853j:image

 

 f:id:fukuda1071:20170321013856j:image

 

気仙沼横丁の近くを少し歩きました。
道路はきれいでした。
ここに津波が来たのかなと考えると想像がつきません。

 

 

あのホテルの上の方までいったのかなー?
この建物の屋上なら大丈夫じゃないかな?
逃げられそうだけどなー。

と思ってしまいました。

 

 

恐らく地震があったその時、ここにいた人たちも同じようなことを思ったのかもしれません。

 

このくらいなら大丈夫

自分は大丈夫

 

私もここにいたら流されていたかもしれませんでした。

 

 

 

今日も気仙沼港に行こうと思っています。
たくさん食べて経済を活性化させてきます!

 

沢登り行きました!

私ふっくんは、大学で山岳部に入っています。

 

現在部員は後輩が2人いるのみです。

 

山岳部は毎年何人か入ろうと来るのですが

すぐに辞めてしまいます。

 

多くの人が山岳部は 3K だと思っています。

「きたない・きつい・くさい」

 

残念ながらあながち間違っていません。_| ̄|○

 

ですが、私は別の 3K もあると思っています。

「キレイ・きもちいい・快適」

 

プラスの3Kを是非多くの人に味わってもらいたいですね!

 

 

ということで、今日は神奈川県の西丹沢マスキ嵐沢に行ってきました。

 

f:id:fukuda1071:20170320001546j:image

水がとてもキレイでした。

 

f:id:fukuda1071:20170320000929j:image

駐車場から入渓まで20〜30分ほど登山道を歩きます。

 

f:id:fukuda1071:20170320001702j:image

沢が始まっても途中まではランニングシューズで濡れないように進みます。寒いので。笑

 

f:id:fukuda1071:20170320001724j:image

実際沢で履く沢シューズは40〜50分程しか履きませんでした。

f:id:fukuda1071:20170320001742j:image

f:id:fukuda1071:20170320001706j:image

10mほどあるこの滝(源流に近いので水は流れていない)

はランニングシューズで登りました。

 

 

f:id:fukuda1071:20170320001748j:image

f:id:fukuda1071:20170320001808j:image

滝があるところは狭く閉塞感があり

それを抜けた先あるガレ場は広く解放感があります。

 

9:00 駐車場発

9:20頃 入渓(ランニングシューズのまま進む)

10:00頃 沢シューズに履き替える

11:00頃 ランニングシューズに履き替える

12:00頃 遡行終了 尾根から下山

14:30頃 駐車場着

 

 

f:id:fukuda1071:20170320001825j:image

沢は地図の他に「遡行図」を見ながら進みます。

遡行図は人が登った体感で滝の高さや距離が記されているので

実際に登ってみると合わないことがあったり

記されていない滝があったりして

現在地を正確に把握することが難しいです。

 

 

私は登山のジャンルの中で「沢登り」が一番好きです。

 

「歩く」はやっぱり疲れるんですよね。_| ̄|○

沢登り」にはクライミングと歩き両方があるのがいいですね。

滝を登るとまた次の滝があり、また次.....

といろいろな課題を突破していくところが好きです。

 

 


全くの未経験の方は、経験者と一緒に行くかガイドを頼むことをお勧めします。

 

 

 

恐らく、学生で行ける最後の登山になります。

社会人になってからもクライミング沢登りは続けていきたいと思っています。

この2人には頑張ってもらいたいです!

f:id:fukuda1071:20170320004250j:image

 

人生の分岐点?

こんばんは。

ふっくんです。

 

 

 

今日は私の就職活動について話したいと思います。

 

 


今月3月1日から大学3年生の就職活動が本格的に指導しましたね。

 

 

 

私は体育学科で、周囲の人たちの進路は大きく5種類に分けられます。

 

 

1つ目に教員採用試験を受ける。

 

2つ目に一般的な民間企業を受ける。

 

3つ目に公務員(教員以外)を受ける。

 

4つ目に大学院や専門学校などに進学する。

 

5つ目にプロスポーツ選手になる。

 

 

まず1つ目の、教員採用試験を受けた人は結構いました。


その中で現役合格をしたのは、4.5人だったと思います。

 

それ以外の人は、臨時的任用職員や非常勤講師として採用されるために、自治体に登録します。


非常勤講師は大体はなれるそうですが、決まるのは3月になってからのようです。
まだ決まっていない友人も数名います。

 


2つ目の一般的な民間企業を受けた人は、教員採用試験を受けた人よりも少なかったように思います。


この人たちは大体4.5月〜9.10月あたりには、多くの人が就職活動を終えていたと思います。

 

 

3つ目の公務員(教員以外)は、市役所、消防、警察が主です。

 

公務員を受けた人たちは数ヶ月〜1年前、2年前から勉強をしていました。

 

 

4つ目の大学院や専門学校に人は数少ないと思います。


私は卒業論文でかなり追い込まれたので、また同じことをするのか、と思うと絶対大学院は行きたくありませんね。追求したいテーマがありませんから。


専門学校は鍼灸師柔道整復師、トレーナー等スポーツや運動に関わる専門職を目指す人がいます。

 

 

5つ目のプロスポーツ選手は、野球、バスケットボール、ソフトボールあたりです。企業で柔道や陸上を続ける人もいます。これはこの体育学部だからあるものかもしれません。

 

 

もちろんこの5つ以外の進路の人もいたでしょうが、大まかに分けるとこんな感じだと思います。

 

 

さて私の就職活動の話をしましょう。

 


話は5.6年前に遡ります。大学の学部学科選ぶ時期です。

 


なぜ体育学科に入ったのか です。

 


高校までずっと野球をやってきて、他に好きなことや興味のあること が全くありませんでした。


もちろん将来の夢も持っていませんでした。

 

そんな中で進路を決めなければいけなくなり、体を動かすのが好きだから体育学部に入って教員にでもなろうかな、中学の担任も保健体育だったし、高校の野球部の監督も保健体育だったし、保健体育の授業を受けてた先生はいろんな種目がこなせて凄かったしあんな風になりたい、、というわけです。

 

 


高校生の自分は高校生なりに目標を持ちました。

 

 


大学1年10月。
伊豆大島に台風が上陸し、土砂災害など多くの被害を受けました。


その時周囲の大学生の反応は、大学が休校になって良かった、です。

 

私はそんなことより、とんでもない被害が出てるぞと思いました。

 


そしてその時の消防隊員がとてつもなくかっこよく見えました。

 


この時を境に目標は、消防隊員になることに変わりました。

 

 

大学2年の後半頃から公務員試験の勉強を開始しました。

 


大学4年では消防5自治体、警察1県を受けました。


筆記試験は、消防1自治体以外は全て通過
面接試験で全て不採用でした。

 

大学4年は公務員を受けてる間に教育実習がありました。教育実習期間中にあった自治体は受けませんでした。

 

全て不採用がわかったのは12月上旬でした。
それから1月中旬までは卒業論文に追われ、就職活動はしませんでした。

 
1月3週目から本格的に民間企業を見始めました。
3週目は説明会、1次面接を同日に行う所もありました。
4週目は1次面接、2次面接となりました。

 


3週目の金曜日に、企業と就活生のマッチングイベントに行きました。SNSの広告で知り、企業名は行ってみないとわからない状態でした。


まず企業が10社ほどいて、各企業3分くらいの企業PRをし、学生が企業に自己PR30秒をします。


その後、各机に学生が2〜4名の学生が座っていて、そこに企業が順番に回ってきて15分くらい話をします。


そして、学生は選考に進みたい企業を3社選び、企業も数人選びます。

 

企業と学生の選択がマッチした場合に、面談を受けることができます。

 

私は3社とも面談することができ、後日2社と面接を受けました。

 

そのうちの1社に最終的に決めました。

 

面接は17〜21時で、そのうちの3時間くらいやっていたと思います。役員面接1回で、その場で決まりました。

 

消防に落ちて目標を見失っていた私は、

とにかく成長したい。

自分の力で稼げる人間になりたい。

と思っていました。その気持ちを自分の言葉で伝えました。

民間企業面接のための練習はしませんでした。

 

 

 

この選択が正解かは分かりません。これから正解にしていきます。それが楽しみでなりません。

 

 

 

目標や夢があって、そこに向かって頑張る。
これこそがあるべき姿だと思っていました。イチローのような一貫して一つのことを極めるのに憧れていました。


しかし、自分はそんな心持ちではありませんでした。


教員になりたかったり、消防になりたかったり、山関係の仕事を探してみたり、と色んなところに目移りしてしまう。あれもいいな、これもいいなと思ってしまうんです。

 

 

正直こんな自分を認めたくなかった時がありました。でも、やっと分かりました。

 

 

 

今この時を全力で生きればいい と。

 

 


そうすれば、やりたいことが見つかった時にも本気になれる準備は出来ていると思うんです。

 

 

 

私がこれから就職活動をする人へ言いたいことは、


やりたいことがある人はそれを全力で頑張ってください。目標に向かって頑張ってください。

 

 

何もやりたいことがない人は、色んな選択肢があることを考えてください。


就職するだけが選択肢ではありません。フリーランスや起業という選択肢もあります。


自分はこんなことやったことないから、この仕事はできないだろうとか、この分野は興味ないからいいやではなく、一度視野を広げてみてください。

 

知らなかったことを知ったとき、面白そう!と思えるものに出会えるかもしれません。

 

 

 

私は体育を専攻していましたが、建設業、建設現場で働きます。もちろん何の知識も経験もありません。

 

今はとりあえず面白そうだからやってみようと思っています。のめり込めたらどんどん成長していけると思います。

 

最初からこの仕事を定年までやろうなんて思っていません。また他の稼ぎ方を身につけたいとも思っています。

 

 

そんな選択もあります。

 

人生の分岐点は就職というタイミングかもしれません。

ですが、人生は選択の連続です。分岐点は至る所にあるのです。

今日何をするか、誰と会うか、どんな話をするか。

 

 

 あまり気負い過ぎないでいいんじゃないですか?

 

 

 

 

2週間程度の民間企業の就職活動でしたが、感想としては、楽しかったです。

 

色んな企業でそれぞれの特徴があり、人事の人もそれぞれで、色んな価値観や観点を持った人との交流はとても刺激になりました。

 

 

これから社会人となり、色んな人で会うことが楽しみでなりません。自分を成長させてくれる人に出会いたいですね。

 

 

 最後に

 

できない理由より出来る理由を探しましょう

 

 

過去の記事はこちら。


新参者! - ふっくんのブログ
2月4日ホリエモン祭六本木 - ふっくんのブログ

 

(約3000字)

2月4日ホリエモン祭六本木

 

ご覧いただきありがとうございます。ふっくんです。
お待たせしました。

 

 

 

正確には覚えていませんが、1年ほど前から堀江貴文氏が好きです。

 

なぜ好きか?

 

 

 


ズバ抜けた思考力と知識量、そして行動力があるからです。憧れです。


堀江氏の書籍は3冊読みました。

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

 
本音で生きる 

 

君はどこにでも行ける

 


どれも堀江氏の経験に基づいた話ですが、端的に言えば、自分の可能性を否定せず前を向いて、今を全力で生きろってことだと思います。
私にとっては最高の自己啓発本です。

  

 


そんなわけで以前2/4、堀江貴文氏が六本木で開催された「ホリエモン祭(まつり)|オフィシャルサイト」に行ってきました。

 

 

 

ホリエモン祭では六本木の各地をジャックし、様々な催し物を同時進行かつ昼12時から朝5時という長時間遊びまくろう!というものです。

恐らくこの捉え方で間違ってはいないと思います。あくまでも個人的な見解です。

 

 

 

その中でも17時15分から20時40分に、メイン会場zeppブルーシアター六本木で行われたトークショーに行きました。

  

 

トークショーはゲストとホリエモン、MC寺田有希さんの対談です。

 

 

プログラム
12:00-13:00

 


 開場
13:00-13:15
 オープニング
 (ず~まだんけのけん玉ショー)


13:15-17:00
 観客参加型ホリエモン人狼 1戦&2戦


17:00-17:15
 田原総一郎×堀江貴文

 


17:15-17:45
 鈴木英雄×堀江貴文
 (予防医療トーク)

この時間の途中から参加しました。
自分の持っていた券は17:15から入場可能と書いてあり、その時間に行ったという記憶ですが、既に始まっていたので時間を間違えていたか、早く進んでいたか...。
途中からでしたが内容はしっかりメモしてました。

 

 

 

人の体内にピロリ菌があると胃がんになりやすい!
という主旨の内容でした。


大腸ガンはガンの中では大人しいほうで、胃がんが厄介。


大腸ガンの検査は40〜50代からした方がいい。


一般社団法人 予防医療普及協会では病気になる前に予防しようということで正しい知識の周知を行うために活動している。

この一般社団法人 予防医療普及協会 ではホリエモンチャンネルというYouTubeの動画で医療をテーマにしたトークが紹介されています。

 


ちなみに「」というキャッチコピーを付けており、これは大腸ガンを検査するのにうんちを使うので...プということです。

 

そして胃がん予防のキャッチコピーは「」です。
これは胃がんの原因がピロリ菌にあるということでピロリ菌の「ピ」になっています。

 


今後も様々な病気の予防啓発活動を行うにあたり「パ行」のキャッチコピーが使われるそうです。
私はユーモアがあって好きです。

 


【プ】「毎年うんち」で大腸がん予防。早期発見なら9割の生存率。一緒に予防しよう! - CAMPFIRE(キャンプファイヤー)
予防医療の啓発のためにクラウドファウンディングも行っています。

 

 

レーシックという視力回復手術については、MC寺田さんが実際にホリエモンの紹介で手術を受けました。
寺田さんは世界が明るくなった!と言っていました。


物理的にも精神的にも変わるようですね。私は昔から目がかなりいいので無縁です。
ちなみにサッカーの本田圭祐選手もレーシック手術を受けていますね。

 

本田選手は手術後コメントでこう話しています。

 

「手術前はボールがぼやけていたのが、手術後では明らかに差がでましたね。究極に言ったら味方の顔もぼやけていました。

すぐに結果に現れましたし、ゴール数としても明らかに結果に現れたし、ボレーシュートの数にも現れた。」

 

【レーシック体験談:本田圭佑】視力回復の真実を語る|新宿近視クリニック から引用

 

本田選手の話はトークショーの中では出てきませんでしたが、参考になればと思います。

 

 

医療というと難しく感じられますが、自分自身に起こりうる身近な病気ですから、少しでも興味を持ってもらえたら、ご自身で調べてみて下さい。

 

最新がん統計:[国立がん研究センター がん登録・統計]


最後に堀江氏の言葉で

健康になることは、目的ではなく最低条件。

 

 

 

17:50-18:20
 坪田信貴×佐渡島庸平×堀江貴文
 (教育トーク)

坪田先生はビルギャルで有名ですね。

 

坪田信貴オフィシャルブログ「意思あるところに道は開ける」Powered by Ameba

坪田信貴 (@NobutakaTsubota)さんはTwitterを利用しています

 

佐渡島氏は講談社を退社後、株式会社コルクを設立し代表取締役社長をしています。
クリエイター・エージェンシーの株式会社コルク公式サイト

 

教育については結構聞きたいと思っていたところです。

 

 

学校が世間や社会から取り残されている。世間の変化に学校が付いていけていない。
教員は社会人を経験せずに教員として働いている人がほとんどであり、社会の仕組みや現状を把握できていない。社会がどんどん変化していっているのに、教員はそれを教育に取り入れることが出来ていない。

 

 

佐渡島氏の子供が小学校に入るため、複数の学校の資料を取り寄せたり、調べたりしたところ、びっくりすることがあった。
朝子供が休む時はファックスで送らないと受け付けない。理由は教員は朝礼や準備で忙しく電話が取れない。とか、親が代わりに登校し連絡帳を出しに行かなければいけない。とか、近所の同じ学校の子に連絡シートを持っていってもらわなければいけない。など、休むのが大変。
また、学校内での持ち物の規制が厳しく、鉛筆何本消しゴムのどこどこに名前を書く、といったこともある。

 


18歳まで海外でサドベリースクールに通っていて全く試験を受けたことがないという子の話
サドベリーとは簡単に言えば子供の自主性や知的好奇心に任せ、生徒が自発的に学んでいく教育スタイルのようです。

 

世界でも40数校程度しかないようで、日本には8校あります。

 

一般社団法人 八ヶ岳サドベリースクール » 日本と世界のサドベリースクール

一般財団法人 東京サドベリースクール

 

一般的な学校教育にみる授業内容を定期試験でテストするということがないサドベリー。
そこで18歳まで学び、さて、日本で大学に行きたいと思った。

 

大人「大学に行くにはテストを受けないといけないんだよ」

 

子「テストって何?」

 

大「例えば1○○○年には何があった?とか聞かれるんだよ」

 

子「簡単じゃん!スマホで調べればいいじゃん!」

 

大「スマホは使っちゃいけないんだよ」

 

子「じゃあパソコンで調べればいいじゃん」

 

大「パソコンも使っちゃいけないんだよ」

 

子「じゃあMac?」

 

大「Macもだめ」

 

子「え、Windowsってこと...?」

 


というやり取りがあったそうです。
この話を聞いたときは笑ってしまいました。凄いなと。そう来るかと。

 


現状の日本の教育はとにかく暗記で意味がない。暗記しなくてもネット上に情報はいくらでもあるから検索すれば直ぐにわかる。
という点を3人とも指摘していた。

 

私は知識を記憶しておくことは必要だと思いますので、必ずしも暗記が良くないとは思いません。そして、いつでも検索できるわけではありません。話してるときに常に検索してたら話が進みません。そしてお三方はいずれも膨大な知識量を持っています。知識があるから生まれる発想もあると思います。

 


小中学生のスマホ禁止は良くない。
佐渡島氏の子供はスマホの学習アプリで計算や漢字をやっている。それによって学校では習っていないことでもどんどん出来てしまう。そして、ゲームの中で楽しみながら学んでいる。なぜ禁止する?と。

 

堀江氏は話している内容が分からなかったらその場で直ぐ調べれば、こちら(話し手)の手間も省ける、と。

 


13歳の息子がお母さんと男気じゃんけん
13歳の息子はYouTuberとして月に数万円の利益を得ている。回転寿司での会計をお母さんと男気じゃんけんをして、お母さんに奢っている。

 

年齢なんて関係なく、お金の稼ぎ方を知っているか知らないかの問題なんだなと思いますね。でも、この子は稼ごうと思ってやっているのではなくて、ただ動画を撮って載せて誰かが見てくれるということが楽しいだけなのではないでしょうか。そういうものが見つかればどんどん収益は上がっていくものでしょう。仕事を仕事とも思わないほど没頭出来たら幸せです。

 


俳優女優が授業を台本通りにやったら絶対面白い!
好きな人が言うことは受け入れやすいですよね。自分が好きな役者さんが授業してくれたらはかどるのになーなんて思っている人は多いのではないでしょうか。今はまだ堀江氏の想像の中ですが。人気役者が授業を行う動画を作り販売するというビジネスになります。

 

今や学校教育の必要性が低くなりつつある。授業は塾でも出来るし、アプリで問題の添削を人気講師が行ってくれるサービスもある。集団行動は地域のスポーツ少年団のような活動でもできる。

 

生徒には授業で学ぶ内容に興味を持ってもらいたい。面白いことなら自分からどんどん学ぶことができる。教員にはそこが求められている。しかし、教員自身がその学問を究めているわけではないし、その学問を楽しいと思っていないから、面白さを伝えることが出来ていない。本当に楽しいと思っている人たちは、大学教授や研究者になっていて、義務教育への還元があまりできていない現状がある。

 

さらにこのプロの役者に映像教材を作ってもらうという発想は学校教育だけでなく、社会人向けのMBAや医学部の授業など、難易度が高い領域も検討している。

 

高校生から質問
Q「将来プログラミングをやるために大学へ行かずに高卒で就職して、学歴に捉われない社会に変えていきたいと思っている。そのために今やるべきことは?」(みたいな内容だったと思う)

 

A「この人はプログラミングが好きなわけじゃなくて、将来役に立つと思って選んでるんじゃないかのな」

 

「社会を変えるには就職してもダメ。起業して自分がそういう採用や扱いをないと。」

 

「就職してプログラミングを学ぶより、今プログラミングを死ぬほどやる。東大受験してる人と同じもしくはそれ以上、プログラミングに時間をかける。」

 

何事も好きこそ物の上手なれということなのでしょう。時間の経過も忘れ没頭することができれば、いつの間にか熟達した域に達しているのでしょう。


"役に立つからやる"とか"儲かるからやる"と結果を求めるようになります。役に立つからやった事が役に立たなかったとき、無意味な時間を過ごしてしまったと思います。儲かるからやった事が儲からなかったとき、損をしたと思います。そこには予想を上回るだけの結果がなければ、落胆しかありません。ただ好きで、"好きだからやっているだけ"であれば、どんな結果であれ"楽しかった"で終わるのです。見返りを求めるか否かは重要なところでしょう。仕事において結果も利益も必要ではありますが、それを超えた好きがあれば結果も付いてくるのではないでしょうか。そして失敗も成功までの過程に過ぎないと思えるでしょう。 


18:25-18:55
 音喜多駿×家入一真×松田馨×堀江貴文
 (政治トーク)

音喜多駿氏は東京都議会議員ですね。
東京都議会議員 おときた駿 公式サイト
ブログ / カテゴリー | 東京都議会議員 おときた駿 公式サイト
おときた駿(東京都議会議員 /北区選出) (@otokita)さんはTwitterを利用しています

 

家入一真氏はクラウドファウンディングを運営する株式会社CAMPFIREの代表取締役、株式会社paperboy&co.(現GMOペパボ)創業者です。
家入一真 🔥 (@hbkr)さんはTwitterを利用しています
クラウドファンディング - CAMPFIRE(キャンプファイヤー)
リダイレクトの警告


なかなか不思議な雰囲気を醸し出していました。選挙の時にも帽子を被っていたそうで、それは評判が良くなかったそうです。
東京知事選に立候補し、ネットで政策を募集するなど新しい風を取り入れようとしました。

 

松田馨氏は選挙コンサルティング専門会社として株式会社ダイアログの代表をしています。選挙プランナーをしており政治の選挙の場面で、候補者のサポートをしています。
株式会社ダイアログ
松田 馨 | 講師紹介 | 未来政治塾


正直政治のことは知りたいと思っているものの、勉強をするまでには至っていません。

 

都議会議員選挙はこれまであまり注目されておらず、一般市民の投票率が低かった。組織票が多く、大政党が有利だった。小池知事のおかげで注目度が高まった。
都議会議員選挙投票率 | 東京都選挙管理委員会

 

都議会議員を0にしたい。
1人1人が投票権を持つ。投票権は他者へ移譲できる。そうすると自分がやってほしいと思っていることと似ている考えを持った知識人へ票が集まってくる。その人が投票する。という仕組みにしたらどうかという構想。

 

ボット議員を作りたい。
ネットで政策を募集し集まった意見を国会でボット議員が発言する。直接政治になる。
だが、中身は所詮は人間で、「先生〜」なんて煽てられたら人は変わってしまうよ、と。

 

都民の税金は地方へ流れている。
東京都は黒字になっているが、地方では赤字が多い。都民が払っている税金は100%都民に還元されているわけではなく、地方に分配されている。


音喜多駿著書 ギャル男でもわかる政治の話
私はまだ読んでいませんが、興味はあります。
日本の未来に影響を与える重要な分野ですから、私もしっかり参画していきたいです。

 

19:00-19:30
 見城徹×堀江貴文
 (755トーク)

見城徹氏は出版社幻冬舎社長であり実業家です。



このアナザースカイを見てから大ファンであります。

 

見城徹著書
絶望しきって死ぬために、今を熱狂して生きろ

憂鬱でなければ、仕事じゃない
本はすでに買ってあり、順番待ちです。

 

755とは堀江氏が服役中に与えられた囚人番号から名付けられたトークアプリです。著名人にコメントを送り、実際に答えてくれる方もいます。見城氏は積極的にコメントに答えてくれます。私もこのトークショーが終わってからコメントをしたところ返して下さいました。

f:id:fukuda1071:20170310005722j:image
これは嬉しかったです!

 

 

面白い人と連絡する。
ホリエモンと食事中に「いいヘッドスパはないか」と聞き紹介してもらったところへすぐに電話をした。すぐ行動に移す。

 

幻冬社子会社とライブドアの出資で立ち上げたライブドアパブリッシングで、当時人気ブロガーだった はあちゅうさん がブログの投稿やコメントを編集、書籍化した。

 

・755で見城氏が興味をもった 藪医師 幻冬社から書籍を発売。
ネットだけのやり取りではなく手紙でのアプローチが重要だった。

 

中華長太郎飯店 静岡県清水区
見城氏のオススメのお店で、ホリエモンも絶賛していた。壇上に長太郎の石田さんが登場し、肉まんを実食、べた褒め。

今度食べに行く予定です!!

 

保守的な人、現状維持は楽であり、いかにアグレッシブになれるか、リスクを取れるかが重要。

 

見城氏と尾崎豊の復活
尾崎豊が人気が出てきた頃、複数の出版社からオファーが来ていた。見城氏もオファーを出したが、最初は断られた。それから見城氏は尾崎豊の曲を聴きまくり、ライブにも通い、曲やライブの感想を尾崎豊宛に送り続けた。


見城氏「感想を言うことで人間関係を作る。相手の無意識な部分をつく。相手に自分の気持ち、関心を伝える。


その結果、他社を断り見城氏と組むことになる。

 

(尾崎豊についてあまり詳しくないのですが...)
人気絶頂のころに海外に行く。


その後、、、見城氏がホテルのジムでトレーニングをしようと、ドレッドミルを見ると小太りで白髪交じりの人が使っていた。諦めてサウナに入っていると、「見城さん?」と先ほどの小太りで白髪交じりの人が話しかけて来た。「尾崎です。」久しぶりに見る尾崎豊は変わり果てた姿になっていた。


この頃は見城氏自身もやらない理由を見つけ、面倒なことはない保守的な仕事になっていた。見城氏は尾崎豊の復活と自分自身の復活を重ねようとした。

 

その後尾崎豊は27歳で亡くなる。

 

見城徹著書 編集者という病い
に詳しく書いてあるそうです。
真偽は分かりませんが。読んでみたいです。


19:35-19:40
 諸星和己ライブ!!


諸星和己氏といえば元光GENJIパラダイス銀河
パラダイス銀河は野球応援で使っていたので良く知っていますが、もちろん生歌は初めてでした。


ステージから降りて客席の間を歩き、握手もたくさんしていました。撮影禁止なのに撮ってる人もいました。


何と言っても、その存在感というかカリスマ的なオーラは凄かったです。諸星ファンが集まったわけではない会場をたった1曲で、あたかも自分のステージだったかのような雰囲気に変えてしまいました。その後のトークでも主役は自分だと言わんばかりの振る舞いでした。笑

 


19:40-20:10
 諸星和己×西野亮廣×堀江貴文

西野亮廣氏は言わずと知れたお笑い芸人ですが、ある時期からひな壇芸人をやめると宣言しました。そして作家、絵本作家として活動しています。最近は作家というよりクリエイターと呼ばれることも多くなっていますね。
キングコング 西野 公式ブログ Powered by LINE
えんとつ町のプペル(27万部突破!) (@nishinoakihiro) on Twitter

えんとつ町のプペルは最高です。大人が見ても感動できる絵本です。この絵本を作るきっかけは西野氏が自身が今読んで面白いと思える作品を作ろうと思ったことです。「子供向け」という言葉で、親のエゴを子供に押し付けたくないという気持ちからです。詳しくはブログでご覧下さい。さらに、この絵本を無料公開し、話題になりました。
大ヒット中の絵本『えんとつ町のプペル』を全ページ無料公開します(キンコン西野) - Spotlight (スポットライト)

 

西野亮廣著書

魔法のコンパス 道なき道の歩き方
この本は今かなり気になっている本です!


トークの内容です。
ネットで話題になればテレビに出れる。
自分はテレビに出演しなくても、ネットで話題になる炎上することで、ニュースとしてテレビに取り上げられることが多くなった。だから自分はテレビに出てないのに、「最近よく出てるね」と言われるようになった。西野氏も堀江氏も同様だった。

 

 

テレビで自分の思ったことを言えている人は少ない。
テレビでは好感度のために無難なコメントしかしていない。コメンテーターは正論を言う人しかテレビには出てこない。だからこそネットでの発言は重要になる。認知度を上げるにはネットで話題になるほうが、テレビの収録をして出演するよりコスパがいい。

 

 

諸星氏の独壇場のトークが長く、西野氏の話をあまり聞けなかったのが残念でした。笑


20:15-20:25
 猫ひろし映画プレゼン
猫ヒロシ本名瀧崎邦明
堀江氏の番組の企画がきっかけで、カンボジア国籍を取得し、マラソンのカンボジア代表としてオリンピックに出場する。オリンピックでは最下位争いを演じるも、ゴール後に声援が10分以上止まない異例の祝福を受けた。

 

猫ヒロシのこれまでの軌跡がドキュメンタリー映画になるそうで、その一部が公開されました。約3分のPVで感動しました。これは数十分あったら号泣だと思われます。

 

 

やれるチャンスがあるのにやらないのは後悔する

 

・マラソンは年齢じゃない。マラソンを始めてからの長さマラソン歴が重要。猫ヒロシはまだまだ伸びる。

 

・猫ヒロシはスポーツ心臓。脈がゆっくりで息が上がりにくい。

 

一歩踏み出さないと成功はない。チャレンジが大事

 

 

最後に堀江氏が立ち上げた「堀江貴文イノベーション大学校(HIU)」の紹介がされました。


堀江貴文イノベーション大学校 | 堀江貴文イノベーション大学校


私も前からかなり気になっていますが、秘密組織らしく具体的にどんなことをやっているかを公開していません。


なお、今回のホリエモン祭もHIUのメンバーが運営を行っています。


堀江貴文 - 堀江貴文イノベーション大学校 - DMM オンラインサロン
「グループ内では毎日メンバー同士の交流が活発に行われています。自ら企画し、メンバーを巻き込みアウトプットしていく。その実践の繰り返しがみなさんの毎日を劇的にアクティブなものに変えていきます。いっしょになにかを始めてみませんか?」


とにかくやる気と向上心がある人が集っているようです。

 

20:25-20:30
 閉会式


さてやっと内容が書き終わりました。少しずつ書いていたので、ここまで3日かかりました。遅くなりまして申し訳ありません。
最後に感想を述べて締めます。

 

 

最近はこう言った著名人や知識人の催し物に積極的に参加しています。書籍や動画の中での刺激はもちろんありますが、生でその人たちの話を聞くことは何よりも刺激になります。

 

実際今回、拝見したかった堀江氏、見城氏、西野氏を間近で観れたことは良かったです。このトークショーに出演していた人たちの共通点は、行動力がある人たちということです。アグレッシブに生きている人たちは魅力的です。かっこいいです。現状維持に甘んじることなく、先に進み続けたいと思っています。

 

 

なお内容は聞いたものをメモし、一部私の私見も含まれているため不正確な情報もありますので、ご了承下さい。

 

(約9400文字)

新参者!

 

はじめまして。ご覧いただきありがとうございます。

私は"ふっくん"といいます。

 


第1回目の投稿では

①名前の由来
②自己紹介
③ブログの方向性

を書いていきます。

最後まで読んでもらえると嬉しいです。

 


①名前の由来

 

 

日常生活で周囲の人は私のことを基本的には名前でそのまま呼びます。
もしくはボランティアの人たちの間では「キャンプネーム」で呼ばれています。

(ボランティアやキャンプネームの話は後々したいと思います。)

 


大学ではちらほらあだ名で呼ぶ人もいます。
その中でも1人だけ私のことを"ふっくん"と呼びます。

今まで呼ばれたことないあだ名だったので、
新しい!と思いこの名前をブログの名前にしました。

 

 

②自己紹介

 

 

そんな私ふっくんはどんな人か。

 

1995年の早生まれで1994年世代です。

 

小学校3年から高校3年までの9年間は野球一筋でした。
「野球が彼女」と本気で言っていたくらいです。

 

なのに大学では、ボランティアと登山に打ち込みアウトドアスポーツにはまります。

 

と、自己紹介というと毎度のこと"運動経験"をまず話すほど、運動にしか興味が"なかった"ような人です。もちろん就活での面接もまず話すことは「9年間野球やってました!」が第一声でした。

 

 

性格はというと、普段から大勢で行動するのはあまり好きではありません。1人でやりたいことをやってます。
良く言えば、他人の行動に流されたり振り回されたりしない。
悪く言えば、自分勝手で自己中心的。


他者がやっていることは、周りがやっているから、という理由でやるのは好きではありません。何故それをやるのかを理解してからやりたい、もしくは周りと同じは嫌と思う人です。

と、とても身勝手な人間に見えてきたかもしれません。

 

野球をやっているときはチームを引っ張ったり、指導したりということもしていました。


教員免許も取得予定で、人に指導することやリーダシップを取ることも好きです。

 

 

勉強はというと、高校3年最後のテストで普通か200何人中3番目でした。学校の勉強はまあまあ頑張っていたと自負しています。学校の平均がそれほど高くない、むしろ結構低いところなので、大学も大したところではありません。

 

大学は体育学部で、保健体育科の教員を多く輩出しています。
私も卒業と同時に中学校、高等学校一種免許状を取得予定です。

 

 

そんな私です。
さらに詳しいことは後々書いていくことにします。

 

 

 

③ブログの方向性

 

 

さて、学生時代に運動しか興味が"なかった"私が何故ブログを始めようと持ったか。

簡単に言えば、色んなことに興味が湧いてきたからです。

 

 

元々興味があったことは
・スポーツ
・教育

 

そして新たに興味を持ったのは
・心理学
・哲学
・ビジネス
・経済
・経営

 


"新たに"というのは大学3〜4年つまりここ1.2年の間です。

 


興味がある分野が広すぎてブレブレじゃん!と思われたかもしれませんが、ブレブレなのではなく知的好奇心の塊なのです。好奇心が赴くままに生きているのです。

 


社会の物やお金の流れ(ビジネス、経済、経営)や社会情勢(政治)、そして人が生きていく上で大切なことは何か(哲学)、何を考えて生きているか(心理学)
が知りたいのです。

 


これらを掘り下げていった先に何があるか。
私が何を求めているか。

 

 

 


幸福 です。

 

 

 

 

知的好奇心を満たしていくことで幸福になれるだろう、また、知的好奇心によって得た知識を用いて幸福になる為の活動を行うことができるだろう、と思っています。

 

 


若干話は逸れたかもしれませんが、


主な目的は
・インプットした情報をアウトプットすることで深い理解を目指すこと。
・コメントなどによる他者との関わりの中で、新たな気づきや知識を得ること。
・文章力、思考力の向上。
・ブログの収益化。

 

 

 

最後に

 

 

今後も度々私の自己紹介をしていく予定です。
様々なバックボーンを持つ方々のご意見をいただきながら成長していきたいです。


読者登録やコメントお待ちしてます。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

(1742文字)